カードローンはなぜ必要?

 

 

現在二人の大学生の子供が居ります。二人分の学費や仕送りは非常に大変ですが、もうすぐ上の子が卒業するので、やっと落ち着きそうです。しかし昨年は本当に金銭的に厳しいことがありました。

私は一般的なサラリーマンで、妻はパート勤務です。妻の給料も子供達の学費を支払うために活用していました。しかし昨年、妻は体調不良で3か月間仕事を休みました。そうなると学費の支払いに充てるお金が不足します。

約20万円が足りない状況で、前に車のローンと一緒に申込んだカードローンのことを思い出しました。何故一緒に申込みを行ったのかと言えば、車のローン金利が下げられると分かったからです。

当時の私はカードローンで借りることは無いと思っていました。しかし現実にどうしてもお金が欲しいという状況になり、資金使途は自由というカードローンが非常に魅力的に感じました。

また定額返済ということなので、借り入れしたお金を一括で返済する必要が無いことから、余裕が無い生活を送っていた者としては大変助かりました。

 

 

 

とても手軽で便利なカードローン

 

 

会社員というのは色々と出費があるもので、急な接待などでお金が必要になることは珍しくありません。もちろん友達との飲み会とかだって少なくありませんし、たまには合コンなどもありますよね。なので、そんな急な出費に役立つのがカードローンです。

なぜ便利かといえば、必要になったらすぐにお金を借りることができるからです。

最寄りのATMに寄って操作すればすぐにお金が引き出せます。あまりにも手軽なのでまるで自分の銀行口座からお金を引き出すような感覚になってしまうくらいです。ですが、自分の口座ともなると時間外手数料がかかってしまうこともあり、その場合は金利よりも高くつくことがよくあるんです。

なので、カードローンをそんな時に利用すれば節約代わりにもなるということです。

もちろん普通にお金が無いときにすぐに解決できるのでピンチの助っ人としても役に立ちますし、たったの1万円借りることも、30万円借りることもいつでも自由です。

もちろん限度額の範囲内というのが条件になります。

 

 

 

カードローンの知っておきたい基礎知識

 

 

お金が必要になり、これから初めてカードローンを利用する人も増えていくと思います。カードローンは使い方次第ではとても便利なサービスですが、その為には正しい知識が必要です。カードローンを初めて利用する前に知っておきたい基礎知識があります。

まずカードローン利用する金融機関を選びますが、その時に注意したいのが金利です。自分が実際に利用する金融機関の金利を把握していないと、あとで後悔してしまうこともあります。金利が高ければ高いほど、返済時の負担額が大きくなってしまうので、なるべく金利の安いところから借りた方が良いです。

カードローンを利用できる金融機関の形態も様々ですが、大きく分けて銀行と消費者金融があります。カードローン選びに重要な金利や審査基準などの特徴がそれぞれ異なりますので、実際に申し込む前に両方の特徴を把握しておくことが大切です。自分にとって条件の良い金融機関を選ぶためにも最低限の知識が必要です。利用する前にカードローンの基礎知識をしっかりと覚えておくことが肝心です。

 

 

 

私の青春時代はカードローンにお世話になりました

私の大学生時代に第二次スノーボードブームが到来し、大学の同級生の内でクラスの半数以上が冬の休みの期間中にスノーボードに行くという状況が私のクラスではありました。

当時大学生だった私はテニス系のオールラウンドサークルに所属しており、夏はマリンスポーツ、冬はウインタースポーツと様々なスポーツに勤しんでおりました。

マリンスポーツでもそれなりにお金はかかるのですが、スノーボードでもやはりウエアやボードなど様々なお金がかかります。

当時私はアルバイト代を月に18万円ほど稼いでいましたが、そのほとんどをパチンコやパチスロ、または自分の趣味で乗っていたベスパのメンテナンス費用と維持費に費やしていましたのでスノーボードの装備費用を捻出する事が出来なかった為に、銀行系カードローン会社のインターネットで全てを完結出来るサービスを利用して審査を受け、審査に通って無事に新規契約出来た私は翌日にスノーボードの装備費用としてのお金の15万円を口座に振り込んで貰う事が出来たのです。

 

 

プロミス・モビット情報TOP